vegan-support-BiNatureenの日記

お野菜Love Love/Vege Love Love

出パンデミック

アカザさんきれいだね~畑の雑草扱いだけれど私はこの赤い子が好きキヌアの映像を見たときに似ているからアカザの種子も食べられそうだと思ったらやはり同属で食べることができる我が家の花を食べる子2号はポリポリおいしそうに食べる今年は食べてみようか…

神のまねをして神になる

桐のお花鳳凰が飛んできそうな桐の枝だな~今日は色々初物尽くし路地のイチゴちゃんが4個ぷっくりの一番大きなイチゴは花を食べる子2号のおやつ初物食べると長生きするからねははは~それから二十日大根もほんの少し始まった小さいがカリフラワーも一個だけ…

やり始めたら必ず山頂に立つ

シラー・カンパニュラータヒヤシンスソイデスツリガネスイセンという別名がある昨年手に入れたピンクが元気パープルの子はどこにいるんだろう?まだ咲かないまだ咲かないと言えばサルスベリちゃんが消えたと書いたがあの後だいぶ経ってから枝の低い方に新芽…

野菜の妥当な価格

雨情しだれちゃんかな?この姫のようなかわい子ちゃんは八重の小さな花をつけるしだれ桜だ桜の種類がたくさんある中で雨情しだれが一番近いかな~この子が一番遅い桜この子が咲くと我が家もそろそろ畑に野菜を植えようと思う 今日種をお店で選んでいると「お…

ハッピージョブ

菜の花ちゃ~ん何の菜の花だと思う菜の花というのはアブラナ科アブラナ属のお花の総称菜種はもちろんキャベツや白菜カブやブロッコリーからし菜やザーサイまで含むそこで私は根拠なくこの子たちはコマツナのお花ではないかと推測合っているかな~どうかな~ …

調和の花

菜の花ちゃんだけれどこの子は去年の取り残しの白菜で~す結構がっしり菜の花でしょう?今食べごろだけれど咲かせてあげたいので食べない霜柱がガンガン立って雪も積もったのにその下で生きていた子だよ野菜パワー!すごいね~野菜工場の子たちとはガッツが…

芝居の小道具

花ほたるハッピーレモン別名Nice!繊細な茎でなんとなく南アフリカ原産ぽくないでしょ?思い切り先入観~キク科の秋蒔きのお花高温多湿も雪も霜も苦手誰かとそっくり~庭にスノードロップが何本か咲いていた早いな~隣の街ではサクラとコブシが一緒に始まって…

命の発酵

八重のクチナシ八重のクチナシやヒメクチナシ(コクチナシ)には実がならないそうだこの実は生薬にもなり染料にもなる日本ではすでに古墳時代に染料として使用されていたそうだクチナシは黄色の染料だがカロチノイドの一種クロシンがその正体また黄色の色素…

自分消費の人生

春色の光冬に撮った写真だがなんとも光の色がいいのでどう?フェザーホワイトという種類葉ボタンちゃんは春になると芯が立ってやがて花が咲く菜の花だ薄い黄色の優しい花が咲く野菜の花を咲かせて食してみる何年前からか始めた贅沢だ逆に白菜は結球させると…

元気色を食べる

オーニソガラム・オレンジ日本語ではオオアマナというらしい葉っぱを見るとなんとなく予測できるが球根ちゃんで秋に植えるお花の真ん中が穂状に伸びて周りからどんどんこのオレンジのお花が咲くユリ科だ花言葉は「才能」写真ではいまいち判りにくいがお花が…

二倍のハッピ~

双子のガーベラちゃんよ~く見てね花芯が二つあるの双子ちゃん!帯化っていうんだって茎頂の成長点の頂端分裂組織に異常が生じることで起こるんだって根や花や果実で起こるらしいそういえばミニトマトでハート形のやミッキーマウスの顔みたいのがあったな~…

正しく観る

ゴージャス!今日のお花はラナンキュラスちゃん和名では花金鳳花ハナキンポウゲキンポウゲ属は約500種ラナンキュラスと呼ばれるのは中近東からヨーロッパ南東部にかけて分布するラナンキュラス・アシアティクスを中心に改良されたもので秋植えの球根なんだっ…

れんれんと

朝日を浴びたつららちゃんピンクゴールドでステキ!うっとり~「つらら」は今は氷柱と書くがもともとはご想像通り「連なる」からで氷が一面に張りつめた様子のことだった「蓮蓮」と書いたのだそう一方「つらら」のことは「たるひ(垂氷)」と言ったのだそう…

光を食べて光を行動する

つわぶきちゃんこの子は初冬に黄色い花を咲かせる海岸沿いに育つ子なので私たちが見るのは園芸種つわぶきは岩蕗と書く日陰で常に緑の葉を茂らせ丈夫な性質で花言葉は「困難に負けない」それから「愛よ甦れ」というのがある本当は今日は違うお花をアップしよ…

痛い心をケアする

ちっちゃいウズウズちゃんがいっぱいここのところ毎日とってもいいお天気昨日は雲一つなかったな~~~んかプレゼントだね~猫ちゃんも嬉しそう今日はシンデレラカボチャの畑の整理に行こうかな~シンデレラカボチャは屋根に使う波板で囲っている電気柵は使…

人生グルンッ!

ウインターコスモス・ストロベリーミルクかわいいお客様が訪問中ウインターコスモス再びあ~もう冬?今朝は霜柱が立ったそうこれから紅葉真っ盛りだけれどね昨日は十三夜のお月さまで放射冷却がすごかったここから冬へ駆け足かな~十五夜は満月だけれど十三…

花と野菜の分身

だ~~~~れにゃ?かわいいよね~~~白翁玉(はくおうぎょく)って言うんだって動物さんみたいじゃない?触ってもいたくないんだって本当に動きだしそう何色のお花をつけると思う?マジェンタちゃんいきなりゴージャスになるんだよ99種ものサボテンを紹介…

一石五鳥を狙う

ユーフォルビア・ダイアモンドフロスト長~いお名前の子ですねこう見えてもメキシコ出身ですユーフォルビア自体2000種以上もあるらしいですだから長いけれどフルネームで呼ぶんだって別名ユキハナソウそうねだから中米のメキシコとイメージが違うんだね原色…

お花だらけの世界

今年一番に咲いた小菊ちゃんこの小菊ちゃんはもうずいぶん前にお花の生産農家の友人から分けてもらった子このあたりで地植えになっている子と違ってなかなか増えていかない3種類あったけれどこの子だけが残ったみんな女の子の名前がついていたこの子の名前を…

幸せオレンジに染まれ

ハロウィンカボチャのお花ハロウィンカボチャは正式になんというのだろう?このあたりでは動物さん用のカボチャなのでウマカボチャで通用する私は勝手にシンデレラカボチャと呼ぶ中に乗れそうなほど大きいからでもシンデレラの働かされていたキッチンにあっ…

優雅に処世する

ニゲラのお花年々少なくなって今年はこの子ともう一本ずいぶん前に咲いたかなお星さまみたいでかわいいよねこの子の種の形正しくは種の入っている殻の形がものすごくカワイイそれだけで生け花の材料になるこの子はたくましくってこぼれ種で咲くんだけれど毎…

子犬のように

赤じそのお花ふ~むやっぱりバジルのお花とそっくりシソには青じそと赤じそがあるオオバと言われているのが青じそ梅干しに使うのが赤ジソシソは古くから日本で栽培もともとヒマラヤやビルマ(ミャンマー)中国南部が原産地で日本渡来は縄文時代とも飛鳥時代…

砂漠に勝利する

サボテンちゃんかなり激しくも素晴らしいサボテンちゃんでしょう?サボテンのトゲは葉が変化したものだってサボテン特有の器官から生えるバラなんかは茎の表皮が変化したもので成り立ちが違いますサボテンのトゲは1.身を守るため(動物に食べられないよう…

引き算の美

アサリナのお花Asarinaとはスペイン語でキンギョソウのことだから別名ツルキンギョソウとも言う超かわいい形だよね~クレマチスのお花が終わってその代わりに咲くこの子を選びました本当は白い子も植えて混ぜ混ぜになるはずが白い子はどこかへ行っちゃいまし…

同行二人

カラスアゲハとフロックスのお花ここは軽井沢の旧軽銀座ブログにこの夏2回登場したフロックスのお花今日が3回目ですっかり常連さんだね~そこに見事なカラスアゲハちゃんがやってきました通りかかった人が「おっクロアゲハ!」って言っていたので「そうかぁ…

虹にお約束

あざやかな虹さん!窓の外を見ていたら傘を差しながら女性たちが小走りに移動していた手にケータイを持っていたのでこれはもしや虹?そこで外に飛び出したらこの子でした実はダブルレインボーなのだけれど上の薄い子を入れると全体的に小さくなるのでこの部…

「面倒見がいい」という品性

ミョウガのお花ミョウガちゃんは不思議な子で普通に食べる部分は花芽でそこから花を咲かせるけれどこの花は雄しべと雌しべの受粉で増えない地下茎で増えるだけたった1日だけ咲く花ミョウガを日常的に食べているのは日本だけなんだって原産地は中国で太古の昔…

毎日がとっておき!

春菊のお花かわいいでしょう?春菊のお花です春菊は日本では食用だけれどヨーロッパでは鑑賞用だってへ~日本に伝わったのは17世紀もちろん食べられるんだよ三杯酢できれいなお花の色が楽しめるね三杯酢っていうと難しく考えちゃうけれど砂糖大匙1醤油大…

感謝の花を咲かせる

メリーゴーランドここ何年も朝顔ちゃんを種から育てた路地植えにしようとするからかなかなか大変で発芽しない発芽してもかなりの確率で消えていく今年は長雨だったので相当数消えたこの子は奇跡的に残ったマジェンタさん友人が調べて朝顔の種は一晩水につけ…

カーテンの向こう側

ツルニンジンさんのお花ツルニンジンの別名はキキョウカラクサツリガネカズラ(江戸方言)ジイソブ(木曽方言で爺さんのそばかすの意)お花の内側にそばかすちゃんがいっぱいある茎や葉を折ると白い液が出てくるこれはキキョウと同じでサポニンを含む去痰効…