vegan-support-BiNatureenの日記

贅沢な旅

f:id:vegan-support-BiNatureen:20210309191743j:plain
ハーデンべルキア



この超かわいいお花は
マメ科
葉っぱを見ると
ちょっと出身地に
心当たりがない?
ユーカリの葉っぱみたいな
色と質感
そうなの
オーストラリアの
タスマニア島出身
3種類あるんだって
お花の色は白と紫もある
マメ科だけれど
ツルで巻き付かない
けれどほかの植物さんと
絡まってのびるんだって

タスマニア
ハート形の島
リンゴ型の島ともいうね
最高気温が23度くらいで
最低温度が3度
住みやすいよね
よく日本の北海道と似ている
と言われるけれど
冬はタスマニアの方が穏やか
氷河期に形成された島だって
すてき~
移住するなら
こういう島がいいな~

色々なところを
通りかかるたびに
このあたりに自分の家を構えるなら
どこがいいかなどと
妄想する
屋久島の時は
海が見える棚田の上が
いいと思った
タスマニア
東海岸
白砂の真っ青な海
そっちもいいけれど
ちょっと街でもある
ホバートの郊外もいいな
果物の木がいっぱいあって
ニュージーランドと似ていた

どうも
にぎやかすぎるところは
性に合わない
海か川か水が見えると
すっごくいいな~
最近は
どうしたことか
ローカル電車が走るのが
見えるところにも
住めたらいいなと思うようになった
どんどん廃線が進んで
そういう場所が少なくなっている
特にこのパンデミック
採算が取れなくなり
ローカル線や風情ある駅舎が
次々姿を消すようだ

オーストラリアは
パンデミック抑え込みに
成功しているので
タスマニアから
風情あるよきものが
消える心配はないかもしれない
ハーデンべルキア
花言葉は「奇跡の再会」
もし叶うなら
ニュージーランド
もう一度行きたい
タスマニアにも行きたい
お世話になった人々は
もういないかもしれないが
あの頃
大事にしきれなかった
宝物を拾えるかもしれない

時は有限なのに
主観で支配された頭脳は
見るもの感じるもの
全てに制限をかけてしまう
その時を
精一杯生きてきたつもりでも
たくさんの取りこぼしがある
奇跡の再会が果たせるならば
それを丁寧に拾ってみたい
いや
そのお楽しみをあえて残して
どこでも
命は先へと急ぐのかもしれない

ハーデンべルキア
あの時咲いていたのか
私は会ったことがあるのか
記憶がない
もう花は散って実の頃か
(果たして実がなるのか?)
これから
再び旅をする機会を得られたら
こうした子たちと
ゆっくり話そう
頭脳の制限を外し
先を急がず
一番贅沢な旅をしよう



♡♡♡

ビーガンサポート ビナチュリーンです。
ビーガンの方、ベジタリアンの方、これからなろうとする方のお手伝いを致します。
ほんとうに明るい未来のために
Vegan-support-BiNatureen is for vegan,vegetarian, and would be vegan.
What can we do for you?
For super bright future.

♡♡♡