vegan-support-BiNatureenの日記

気象危機/Climate crisis

微妙な季節のおしゃれ

青い空に平和を思う急にまた寒くなった出かける時の服装にも悩む気温が10度ほど違う地へ出かける日冷たい雨も降っていた朝日デジタルでこういう天気三寒四温には「空気」をまとうことで対応をと書いてあった空気は金属や水より熱が逃げない薄いものを重ねて…

大雪に備えて

初恋のお花?暖冬という言葉はある意味恐ろしい油断しているとドカ雪が降るからだ昨日は案の定結構な量の雪で車を出せない高さにまで降ったキャタピラーの除雪機に乗っての除雪だが初めてキャタピラーが滑って動けなくなった原因は今までの暖かさで建物の影…

怖い話

羽根?フロントガラスの霜~怖い話~地球温暖化は人間の健康悪化や狂暴化を招くという記事が出たそういえば物騒な事件戦争もそういうことなのか?亜熱帯などで気温が1度上がると妻などの女性への暴力が増えるという動物も同じで気温が上昇すると人が犬に噛ま…

クライマタリアン

朝焼けに映える雪ん子日本版ハフポに渋谷のパルコ地下一階の食堂街にある「真さか」というヴィーガン居酒屋のことが出ていた「真さか」はすべて植物性だヴィーガンではない人も満足できる居酒屋だそうだ価格は定食で1100円~1200円程度それぞれのメニューに…

危機を自分事として

青空はみんなのもの日経新聞一面で国家規模の移住につぃて報じていた地球温暖化地球沸騰化で水没から免れるべくモルディブでは水上都市を建設中という水上都市のモデルハウスは首都マレからボートで5分のサンゴ礁の上だ2050年にも全島が海の下になるモルディ…

気象危機と宝米

まっすぐに~猛暑でお米の勢力図が変わったようだ北海道と九州が品質水準を維持しているが新潟のコシヒカリが下がったお米は1~3等と規格外の4段階に等級分けされる九州では温暖化対策で品種開発を進めてきたため今回「げんきつくし」という福岡産は特Aラン…

内なる神を生きる

ハルジオン!今咲く家から1時間半のところはまるで東南アジアのような湿気を含んだ温かさだったぼんやりもやがかかって乾燥要注意の11月とはとても思えないさわやかでも心地よくもなくどこか重苦しくさえあるアパレルショップのお姉さんは白いドレスに淡い…

やっぱり???

かわゆいよね~ 「都市の植物赤く進化高温への耐性獲得」という見出しが目に入ったクローバーのハートの切り込みが深いような「カタバミ」という植物があるもともとかわいい緑色なのだが最近高温に対応して遺伝子が変化し赤い葉の個体が増えてきているという…

そろそろ

おっきい!でせう?平均的マグカップと平均的コスモスと比べてもらおうと写真を撮ったこの栗の大きさ!どうよ?昨日届いた長野からの巨大栗~2019年台風19号で大被害を被った長野県北部浸水面積約934ha1haで東京ドーム213個分だからどのくらいか想像を絶する…

野菜王国異変

やさしかぁ~ニンジン割高トマト8割高大根5割高ピーマン4割高ネギ3割高ほうれん草1割高日経新聞に並ぶ数字だ全国的な猛暑が収穫量の減少や生育障害につながったとあるキャベツやレタスも値上がりしているそうだ最初に挙げた6品目中3品目が北海道産だ2品目が…

夢から覚めよ!

ハギの滝~先日友人が食料の備蓄を始めていると別の友人経由で聞いた今日はニュースでコスタリカが国の指導で熱帯地方の農産物などの種を保存してると言っていた地球温暖化で地球に何が起こるか分からないその時に食料確保に困らぬようにということらしい友…

怪獣が背負うもの

ビロードモウズイカちゃん~知らなかった!ゴジラは水爆実験で安住の地を追われた太古の生き物ジャミラは遭難した宇宙飛行士宇宙開発競争の中事故の隠蔽を図る国家に見捨てられ過酷な環境に順応し変異したギエロン星獣がやってきたのは人類が行った新兵器の…

地球沸騰化

あなたも好きなのね~少し前に地球沸騰化という言葉を聞いたと書いたもはやGlobal warmingではなくGlobal boilingと言ったのは国連のグテレス事務総長だ世界気象機関(WMO)によると7月の世界の気温は12万年ぶりの暑さだったアメリカのカリフォルニア州のデス…

暴れ気象

お久しぶり~日本の夏の平均温度が1.5度上がったとテレビで言っていた数字ではたかが1.5だが侮れない数字だともし温度が1.5度に上がらない場合日本人の給料は1.2倍になるはずだが温度上昇でそれがフイになるのだという暑いと冷たいものや水のある行楽地など…

奇跡を食べる

奇跡の復活写真のコスモスちゃんは花びらの縁にピンクがあるこの系統のコスモスが長い間我が家の庭に種を落としては咲いていたが年々発芽が遅れそうすると種になるのが遅れいよいよ一昨年は晩秋も晩秋冬近くに咲いたので種にならずごくわずかが昨年咲いたそ…

夜の旅人

小さなお星を見て!有言実行という言葉がある無限実行もある有言し自分を追い込んで必ず成すという手は成功本ではよく言われることでかなり強力だ多くの助言多くのサポートが得られる時代的にもこちらのやり方が本流と思われるところが自分は子供の頃から無…

智慧の耳で聞く

繊細な花びらを見て!日経新聞でトマトと玉ねぎの価格が上がったとあったここ数年作物や果樹お花の育成が一層ランダムになって読みにくい冬場の影響を受ける果樹は顕著で昨年はブルーベリーはほとんど花がつかなかった枝枯れも多く起こった今年は逆に豊作に…

一緒に!

仲良く咲いて連日猛暑が続く今日車で走っていたら幼稚園から出てきた親子に目が留まった小さな子を抱っこし制服を着た園児2人を連れている信号が赤で待っていたのだが横断歩道から少し離れていくなぜ?と思ったら子供たちを信号機の柱の陰に誘導したのだ勿論…

神を助ける

かりんの赤ちゃん「大気の川」という言葉を知った空で湿った空気を(水蒸気を)運ぶ流れのことで線状降水帯の発生につながるこれは低気圧や前線などさまざまな現象が組み合わさった結果として生じる日本の豪雨の7割が「大気の川」の影響だそうだ平均的な「大…

躊躇無用

写真1:1と2の写真をつなげると 写真2:鳳凰じゃない?「災害ケースマネジメント」という手法のことを新聞で知った災害時の被災者支援を訪問調査で個別のニーズに応えていくというものだ今までこういうのがなかったことが不思議なくらいだこの手法は2005年…

今すぐ

梅雨空に映えるね~カナダの山火事は深刻だこの時期乾燥して山火事はよく起こるが例年の10倍の面積が燃えている日経によれば「気候変動による気温上昇は様々な形で山火事を起こし広がりやすくする乾燥した落ち葉やコケ類枯死した植物はいったん火がつくと消…

ジェットコースター気象

写真1:強風の贈り物写真2:朴のつぼみちゃん6月に入ってすぐに台風がきた日本各地で被害が出た友人の住む辺りも河川の氾濫危険地域と報道で知って慌てて大丈夫かと連絡を入れた異常気象は年々いや刻々と厳しさを増す前の台風や大雨で崩れた個所など修復工…

天秤皿の上で

きゃわゆいきゃわゆい~5月26日の日経新聞の「春秋」に広島サミットで「G7スペシャルブレンド」というコーヒーが供されたそうだこれは広島市のマウントコーヒーが参加国を含む7つの国のコーヒーをブレンドしたのだという野生動物と共存する環境で栽培され化…

こんな時だからこそ

可憐ね~久々に雨が降った野菜を植えた人はほっとしただろうけれども大きな地震の後に大雨北では雪が降っている初夏の雪で驚いているとえっ?初夏なん?そこで調べてみた気象学的春:3月~5月夏:6月~8月秋:9月~11月冬:12月~2月天文学的春:3月21日頃~6…

視点を変えて見る

羽衣ジャスミンちゃん~新聞に衝撃的な数字が踊った国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が20日に発表した報告書によると昨年2022年の世界の気象災害損失は40兆円に上るフィリピンの2023年の国家予算が過去最高で13兆1700億円だから3倍ほどが昨年の気…

根拠ある思考を

綿菓子雲トルコとシリアの国境で起こった巨大地震に衝撃を受けていたら今度はニュージーランドをサイクロンが襲っている被害が出ているホークスベイ地域は自分が住んでいたネイピアの街があるところだニュージーランド史上3回目の国家非常事態宣言だという一…

未来に感謝を払う

ほわっほわっほわっ23歳のアイシャ・シディカさんはパキスタンからニューヨークに移り住んだパキスタンの親戚たちが次々にその後亡くなったという資源開発や気候変動による飲み水の汚染が原因だといういま彼女は環境団体Polluters Outで気候変動について周知…

パンデミックは何度でも起こる

写真1:エンジェルトランペット 写真2:虫さんになって覗いてみよう 新聞で恐ろしい記事を読んだ気候変動によって感染症の脅威が増しつつあるというのだ気温の上昇や干ばつ洪水などが増加しウイルスや菌を持つ生物の移動範囲が広がるなどして人と接触する…

農業国として貢献

晩秋のたんぽぽにお客様!年々秋が長くなっている気がする紅葉もこれから見頃だちょっと前まで11月の紅葉=京都のイメージこれも温暖化海外ニュースで報じていたがフランスでは平均温度がこの季節の平均より5度~10度も高いという半袖で人々は歩きバラやライ…

ポロって信じて

大好き!白いナデシコちゃんだいぶ前に行ったお店でコンテナが来ないので注文した新作が届いていなくて品物が少ないのと言っていた秋物からは大丈夫だと思うともそういえばこうした支障は色々なところに出ている世界中から色々なものが直ぐに届く時代とって…