vegan-support-BiNatureenの日記

ひかり/ Heavenly light

他のために生きるとは

クレマチスちゃんヨーロッパでは旅人が快適に過ごせるように宿の玄関にクレマチスちゃんを植えていたそうだな~んてすてき!大きなクレマチスちゃんにお迎えされた旅人は疲れも忘れ「あ~ここに来てよかった!」と笑顔になったことだろうなのでクレマチスち…

すずらんのブーケ

すずらんちゃんベルのようにかわいらしいお花は多いがこれほどあどけなくころころとしたお花は見かけない見るたびに幸せな気分になるなるほど花言葉通りReturn of happiness幸せの再訪だグレース王妃やキャサリン妃がウエディングブーケで使ったそう日本語で…

気づいて!

菜種ちゃんの実写真の手前は見事に種になりつつある菜の花毎年この畑は丈の長い菜の花に一面なるのでおそらく種油用の菜の花ではないかと推測その種の入ったさやがあまりにも豪快だったのでカラスノエンドウと一緒に撮ってみた菜種油はほとんどが外国産国産…

地球が癒される日

純白のつつじちゃん?さつきちゃん?よく似ているのでつい数分まえまでさつきちゃんだと思っていたはっやいな~!と友人と昨日話したばかりだところがたった今これはつつじちゃんだと理解した葉っぱがフワフワでちょっと毛が生えている感じ洋服にくっつくこ…

光りの花と咲く

フリンジ咲きチューリップ2017年フラワーバルブ・オブ・ザ・イヤーに輝いたのはこの子だろうかピンクの色が受賞花より濃い気がする花びらのふちの何と繊細なことか数日前に硬めのつぼみだったがこのゴールデンウィークでいくつも開いた見られるために咲くこ…

執心なき境地

オキナグサはっや~い!もうオキナグサが咲くなんて紫の部分はがく片花びらがない子なんだよオキナグサって日本中に分布する山野草だけれど絶滅危惧種ボルドー色の懐かしいオキナグサに会いたくなったこのあたりで咲くのは夏だったと記憶しているただもうあ…

ほっぺに虹をかけて

タンポポ学級約40名の生徒ピカピカのタンポポ一年生咲きそろって空を見上げる希望の空だきっと誰の人生にも一度はある晴れがましいまぶしい時間これからこの子たちはそれぞれの地へと旅立つまで全力で咲き学びきる 今パンデミックでマスクをしてると声が聞き…

ヒマラヤ

ヒマラヤユキノシタな~んてかわいいお花なの~その上ヒマラヤだって!名前通りヒマラヤ地方原産で明治時代に渡来耐寒性があって石垣や石ころだらけの他のお花が育たないところでもOK先日書いた友人の家の裏にぴったりじゃない?明るい日陰夏は半日蔭がいい…

光のマント

地上3センチのスミレちゃん草を抜いているときに見つけたあまりにも早いスミレちゃん花びらが傷ついているのは深夜から朝方の寒さかなあまりにも小さくておそらくただ上から見ていたら気づけなかったバラとユリとスミレこれは西洋で理想の女性を現わすトリオ…

言葉のアートで射貫く

レースラベンダーレースラベンダーのレースは葉の切れ込みを表しているの繊細な色も何とも言えないいわゆるハーブとしての香りはない観賞用の品種なんだって英語ではFern lavenderシダラベンダーなるほどだよね~けれども日本語の方がきれい軍配!今まで聞い…

本気のSDGs

山茱萸(サンシュユ)梅の次くらいに早春に咲くお花別名ハルコガネバナNice!茱萸はグミのことだって秋にグミのような赤い実がなるこれは漢方薬に使われている中国や朝鮮半島原産で江戸時代に渡来したそうだ青い空にはこのお花がよく似合う空から光が降りて…

命の発酵

八重のクチナシ八重のクチナシやヒメクチナシ(コクチナシ)には実がならないそうだこの実は生薬にもなり染料にもなる日本ではすでに古墳時代に染料として使用されていたそうだクチナシは黄色の染料だがカロチノイドの一種クロシンがその正体また黄色の色素…

四万十への夢想

ハナモモちゃんかな?雨が過ぎた青い空にはピンクの花が似合うその下には福寿草やスイセン近くにピンクのコブシ春爛漫不思議だが春は均一に来ていないかのようだ近くの水仙の畑はまだ2分咲きだった途中まで春は来て足踏みしたり寄り道したりするのかもしれな…

龍の石

リュウノヒゲ(黒龍)せっかち鳥は今日もやってきた私に向かってキッチンの窓から入りそうだったクロッカスちゃんには4匹のミツバチちゃんがひしめいていたやっぱり数少ないお花の争奪戦なんだね 黒龍には縁があると思っているキッチンの棚に黒龍という名の…

いくつ咲かせる?

たくさんのつぼみに惹かれてフューシャという色に近い?きれいね~木はちょっとごついけれど野ばらのような形で八重の花びらコロコロつぼみがかわゆいつぼみがなんたってステキなのはリンゴだ最初は真っ赤でだんだんいろがうすくなる花が開くとほんのりほっ…

光の糸

一番乗り~!我が家の春告げ花クロッカスちゃん木曜日に蕾を発見昨日見事に咲いて今日はみぞれに見舞われたクロッカスちゃんがいくつか咲いてミニスイセンが咲くミニスイセンはすでに蕾を形成こちらも間もなくだ今日はこれから春告げ花には厳しい一日になり…

自分消費の人生

春色の光冬に撮った写真だがなんとも光の色がいいのでどう?フェザーホワイトという種類葉ボタンちゃんは春になると芯が立ってやがて花が咲く菜の花だ薄い黄色の優しい花が咲く野菜の花を咲かせて食してみる何年前からか始めた贅沢だ逆に白菜は結球させると…

金色のほうき

エニシダちゃん金雀枝と書いてエニシダと読む英語ではScotch broomスコットランドのほうきこのお花のほうきで世界中を掃いちゃうってのはどう?ウイルスを掃いちゃうバイブレーションの悪い言葉も掃いちゃって人の暗い想念も掃いちゃおうほうきがさ~っと宙…

光の結び目

竜神木くんメキシコ中北部からオアハカ州にかけて自生4.5mにもなるそう!一応短いトゲがある色も(写真の)奥の子と違って独特の緑だよね竜神木にもお花が咲く小さいお星さまみたいな蓮の花みたいなかわいい子がポチポチっとトゲのある所から咲くみたい白い…

共生への道

黒こけしちゃん面白い名前!コロンとしていて岩みたいこれでもウチワサボテンのお仲間なんとなくドットの感じがそうかな~けっこう珍しい子らしいトゲもないじゃん!と思ったらよ~く見たら一ヶ所トゲらしきものが見えるね~イソギンチャクみたいなのお花咲…

色を旅する

メローローズのお山今日もきれいな明けの色雪をすっぽりかぶっているからこの色になるローズという色はなんと表現していいのか?濃いめのピンクででもレッドローズよりも柔らかい調べてみるとどこまでがローズの範疇なのかと思うほどいっぱいあるあ~まあい…

純白の素直さ

アリッサムちゃん主役というより脇役それも名脇役のアリッサムちゃん暖かくなると一斉に広がって咲くので「飛躍」という花ことばがあるよそれからみんなと仲良く長く咲くので「いつも愉快」とか「仲直り」とかもあるよなんかいいね~英語ではWorth beyond be…

待ちに待った春を迎える

雪柳の枝に咲いた雪の花夜明け直前の空に咲いたお花ですよきれい~~~~細い枝の上にこんなについたまま凍ってすごくないですか?雪柳の枝にも硬いつぼみがついているねこうして何回も雪をくぐって春を待ちに待った春を迎えるんだね~今朝日が昇った日差し…

寒風に咲く

ミニスイセンちゃん早咲きのミニスイセンちゃんこの子に会うと春が近いと確信できるこの子はキクラミネウス系といって花被が反り返って咲くちょうちょさんみたいでもありシクラメン的でもあるよね黄色を見るとワクワクする開運カラーだからね「光」とか「希…

会いたい

ヒナソウ雛草と書くなんとも愛らしい日本的なお花と思いきや北アメリカ東部が原産地日本には明治時代に渡来とても強くて日本のあちこちに自生してしまって野の花化してしまったらしいうすいブルーや青紫の子の方をよく見かけるかもねグランドカバーにいいん…

感謝を行動する

オウバイちゃん黄梅と書くけれど梅じゃないんだねモクセイ科ソケイ属(ジャスミン属)中国原産で中国語で「迎春花」すてき~~~~!英語ではウインタージャスミンすてき~~~!ジャスミンはペルシャ語のYasminからで「神からの贈り物」という意味から名づ…

私は宇宙人

オレンジのシンビジウムちゃん大人のオレンジでしょう?すてき~シンビジウムちゃんの故郷は現在の交配種の原種は主にインドネパールミャンマー中国タイなんだって大好きな国々~懐かしく感じるわけだな~オセアニアも実は日本にかけても自生しているらしい…

慈悲の日

メリークリスマス!クリスマスの贈り物の起源はキリスト教以前古代ローマの時代農耕の神を祭るサトゥルナリア祭12月17日~24日で人々はこの期間働くのをやめて食べて踊って大騒ぎをしてすごし贈り物をしあったのが始まりだそうだクリスマスカードを書いてい…

光を食べて光を行動する

つわぶきちゃんこの子は初冬に黄色い花を咲かせる海岸沿いに育つ子なので私たちが見るのは園芸種つわぶきは岩蕗と書く日陰で常に緑の葉を茂らせ丈夫な性質で花言葉は「困難に負けない」それから「愛よ甦れ」というのがある本当は今日は違うお花をアップしよ…

宇宙のサンタさん

何かが隠れていそうな?雲俗にUFO雲と呼ばれるものがあるレンズ雲だレンズ雲には巻積雲高積雲層積雲がある上空の風が強いと発生するまもなく地上の風も強くなるイタリアのエトナ山にかかるレンズ雲は「風の伯爵夫人」と呼ばれるそうだ吊るし雲とか笠雲とかも…