vegan-support-BiNatureenの日記

内なる本性を生きる/Live true your self inside

真の身分を生きる

お太陽さまが大好きなお花晴れたり降ったりを繰り返すまたもや異常気象大きな土石流災害が起こった言葉がない警察犬が泥だらけになって胸まで埋まりながら生存者を探している奇跡が起きますようにずっと祈っている ここ十数年毎年のようにこういう映像を見て…

出パンデミック

アカザさんきれいだね~畑の雑草扱いだけれど私はこの赤い子が好きキヌアの映像を見たときに似ているからアカザの種子も食べられそうだと思ったらやはり同属で食べることができる我が家の花を食べる子2号はポリポリおいしそうに食べる今年は食べてみようか…

神のまねをして神になる

桐のお花鳳凰が飛んできそうな桐の枝だな~今日は色々初物尽くし路地のイチゴちゃんが4個ぷっくりの一番大きなイチゴは花を食べる子2号のおやつ初物食べると長生きするからねははは~それから二十日大根もほんの少し始まった小さいがカリフラワーも一個だけ…

他のために生きるとは

クレマチスちゃんヨーロッパでは旅人が快適に過ごせるように宿の玄関にクレマチスちゃんを植えていたそうだな~んてすてき!大きなクレマチスちゃんにお迎えされた旅人は疲れも忘れ「あ~ここに来てよかった!」と笑顔になったことだろうなのでクレマチスち…

「誰かのために」向かう

姫カスミソウ主役を引き立てるカスミソウあるとないとでは大違い花言葉は「幸福」と「感謝」他を応援する人はきっと誰よりも幸せできっと誰よりも感謝され自らも感謝を生きているに違いない人の幸せには色々なレベルがあるがもっとも大きな幸福を感じるのは…

天人であれ

クリーピングタイムタイムのお花すんごくかわいいよね~葉っぱもお花も小さくてきれいに地面をカバーしてくれてその上ハーブだからねステキハンギングで垂らしてもすごくステキタイムの花言葉は「勇気」天人の品性の一番目(と勝手に思っている)勇気とはバ…

月に名を冠して

桜の花びらみたいな芝桜ちゃん4月27日の満月はピンクムーンだったアメリカのネイティブインディアンはそれぞれの月の満月に名前をつけて呼ぶそうだ4月の満月はピンクムーンお月さまがピンクなわけでなく大地が芝桜でピンクに染まる季節の満月という意味だそ…

シンプルに純粋に

ヤマザクラちゃん日本の固有種なんだね花が大きめで色が濃く幼葉は赤い今年は開花が早すぎて高い山の雪どけを追い越して咲いてしまった毎年見事に咲いてくれて大空に花束を捧げているこのヤマザクラちゃんの下に大事なお花が守られている半日蔭を好む子らが…

花を手向ける心に依れ

ブドウヒヤシンスムスカリちゃんの別名南西アジアや地中海沿岸が分布の中心になるそう日本で出回ったのは1980年頃日本では比較的最近?なじんできたお花だが実は人類最古の埋葬花とされるイラク北部の約6万年前のネアンデルタール人の遺跡から埋葬時にムスカ…

光のマント

地上3センチのスミレちゃん草を抜いているときに見つけたあまりにも早いスミレちゃん花びらが傷ついているのは深夜から朝方の寒さかなあまりにも小さくておそらくただ上から見ていたら気づけなかったバラとユリとスミレこれは西洋で理想の女性を現わすトリオ…

奇特を空気のように生きる

きゃわいい~!キャットテイルちゃんですよ~んこの子が今回手に入れた3鉢め色も形もにゃんとも言えないでしょう?モフモフ感がたまらないよね~茎が細いので頼りなくフワフワの花序が垂れ下がる感じがネコジャラシ風出身は西インド諸島丈は10~20センチこれ…

光のパスポート

見えっるかな~?なんという見事な保護色?いえこれはたまたまかなハクセキレイの子どもなんだそうだそれで羽根に黒が多い体つきもコロンと丸い真っ黒い大きなおめめでじーっとこっちを見ていたお店の人が出てきて「この子は足が折れているの」そういいなが…

信頼の結び目

アネモネちゃん「あなたを信じて待つ」紫のアネモネちゃんの花言葉きれいな紫だよね~「純色」って言うんだって紫って各色相で一番彩度が高い色のこと「原色」はよく聞くけれどね「原色」は混ぜ合わせて色々な色を作り出す時の元の色一般には赤と青と黄色五…

光に立つ節目の日

元気チューリップ今日は立春の前日で124年ぶりの節分だそうだから思い切りハッピ~を感じる黄色のチューリップさん勝手に「元気チューリップ」と命名節分はもともと立春と立夏立秋と立冬の前日のことで4日あったものが立春の節分だけが残ったんだって昨日の…

Abio!モミの木たれ

見えるっかな~?2本のもみの木の向こうにピンクに染まった山の尾根お太陽様が昇る寸前西の山がピンクに染まるそうかわいいオレンジピンクにもみの木に載った雪もほんのり色づいているきれい~もみの木と一口に言っても世界には50種もあるそうだ日本でクリス…

絶対進化

ボケ・あかねちゃんボケは木瓜と書くね実の形がウリに似ているんだって「モケ」とか「モッケ」と呼ばれていたのが訛ったらしいまだ実物に出会ったことがないすごくいい香りで芳香剤代わりに飾ったりジャムにしたりするそう木瓜の花言葉に「指導者」「先駆者…

寒風に咲く

ミニスイセンちゃん早咲きのミニスイセンちゃんこの子に会うと春が近いと確信できるこの子はキクラミネウス系といって花被が反り返って咲くちょうちょさんみたいでもありシクラメン的でもあるよね黄色を見るとワクワクする開運カラーだからね「光」とか「希…

正しく観る

ゴージャス!今日のお花はラナンキュラスちゃん和名では花金鳳花ハナキンポウゲキンポウゲ属は約500種ラナンキュラスと呼ばれるのは中近東からヨーロッパ南東部にかけて分布するラナンキュラス・アシアティクスを中心に改良されたもので秋植えの球根なんだっ…

その日まで

写真1:お水を飲んでいるハトさん 写真2:気品を感じますね~今日はハトさんハト目ハト科ハト目には世界で約42属290種あって日本では5属13種が在来種なんだって今日の子は在来種ではなくてヨーロッパや中央アジア北アフリカが原産地カワラバト(ド…

選び抜かれた高貴さ

ローサーノ・フエゴ・シャルロッテちゃん高貴なお名前のお正月用の菊のお花だよ~ん丈は短めで飾りやすくてお花がゴージャススペイン語で菊はCrisantemo(クリサンテモ)花言葉はeternidad(永遠)verdad(真理)だってやっぱり高貴英語でChrysanthemumだけれど…

れんれんと

朝日を浴びたつららちゃんピンクゴールドでステキ!うっとり~「つらら」は今は氷柱と書くがもともとはご想像通り「連なる」からで氷が一面に張りつめた様子のことだった「蓮蓮」と書いたのだそう一方「つらら」のことは「たるひ(垂氷)」と言ったのだそう…

地球が「花球」になる日

金紐(きんひも)ちゃんヒモサボテンの金紐ちゃん枯れているんじゃなくて金色なのハンギングにすると見事に垂れ下がってすごくきれいなお花を咲かせるもうすぐサボテンのお花の季節になるサボテン用のグリーンハウスが欲しいくらいサボテン家族のおうちにし…

誇りの花びら

四季咲きのバラ「絆」「信頼」オレンジのバラの花言葉だよ四季咲きのバラはツル性のバラと違って気温が15度あれば季節に関係なく咲くんだって知ってた?ツル性の子は寒さで落葉して一度おねんねするらしいそうしないと咲かないんだってこの子はとても大きな…

私は宇宙人

オレンジのシンビジウムちゃん大人のオレンジでしょう?すてき~シンビジウムちゃんの故郷は現在の交配種の原種は主にインドネパールミャンマー中国タイなんだって大好きな国々~懐かしく感じるわけだな~オセアニアも実は日本にかけても自生しているらしい…

宇宙のサンタさん

何かが隠れていそうな?雲俗にUFO雲と呼ばれるものがあるレンズ雲だレンズ雲には巻積雲高積雲層積雲がある上空の風が強いと発生するまもなく地上の風も強くなるイタリアのエトナ山にかかるレンズ雲は「風の伯爵夫人」と呼ばれるそうだ吊るし雲とか笠雲とかも…

本質を見抜く

黄色のカラーリリーColla lillyちゃんは別名「海芋(カイウ)」サトイモ科だからねエチオピアの国花だそうだギリシャ語のkalos「美しい」という意味が由来面白いのは原産国の南アフリカではvarkoor(豚の耳)と呼ばれるそうだなんというギャップ!ギャップと言…

誰かの写し鏡に

ジャメスブリトニアフルネームだとジャメスブリトニアパステルパフュ-ムこのかわいくて素敵な名前のお花は市場に流通したのが2011年でまだ珍しいみたい鉢植え花壇ハンギング用に使われる見てはいるけれどまだなじみのない名前だね南アフリカ原産花言葉…

上質を浴びる

ヤブマメのお花この子はツル性の野草でどこにでもクルクル巻きついてどんどんテリトリーを広げるとてもたくましい子だよ秋らしい趣のあるかわいいお花だよね~花を食べる子2号の大好物いよいよ秋の風情になってきたススキの穂がこれからフワフワさんになる空…

観音の心

写真1:黒ほうずき 写真2:オオセンナリのお花別名オオセンナリ(大千成)なんだかめでたいお名前黒みがかったほうずきみたいなカワイイ実がいっぱいなる英語ではApple of Peruペルーのリンゴ実が黒くない子もいて(写真2)その子もオオセンナリ確かにいっ…

ニューコモンセンス

写真1:チョウセンヨメナのお花 写真2:ハナガサギクのお花ヨメナは嫁菜と書くコヨメナというのもあって野菊の一種写真の子は葉っぱと茎が立派で花も鮮やかなパープルしっかりしたイメージものすごい繁殖力をみせるたいがいの場所で育つのではないかと思わ…