vegan-support-BiNatureenの日記

お太陽さま/The Sun

実の内にあるもの

幸せの実!小さなブドウの木今年は少し多く実をつけた意外に甘いみんなで少しずつ分けるこれは天からの贈り物私たちがこれからも霊的に成長して手にする本当の「実」を象徴している螺旋に昇り天の寵愛である日差しをこれでもかこれでもかと浴びた大きな葉の…

素直をいただく

とんぼちゃんのごはん緑のカーテン作りに挑戦している進行形なのはまだ骨組みをツルを伸ばし始めたヘチマちゃんと朝顔さんの鉢に組み立ててみただけだからだもっとも予行演習として家で立てたのにはすでに小さなヘチマちゃんが三個もなっていた!お花が咲い…

ありがとうの重さに応える

梅雨明けの日の朝新聞で農林水産省の官僚だったが55歳で医大に合格して今医師として8年目還暦の年に研修医になった水野医師のことを読んだバリバリのキャリアを去り医者になった理由は「誰かの役に立っている」という実感や「ありがとう」と言われる仕事をし…

ちょっと力を抜いてみて

スズランスイセンの高貴なたたずまい面白い記事を読んだアメリカのテネシー州ある夫妻が目を覚ますと見知らぬ大きなワンちゃんがベッドの上で寝ていたというのだ彼らには3人の大型犬家族がいるがそのどの子とも違う狐につままれたような夫妻は我に返るとそ…

デニムを遊ぶ

朝日と八重の山吹ちゃん昇りたてのオレンジの朝日を浴びると全てが高貴に見える特にお花たちはみな高貴に見えるよ~く見ると小刻みに揺れている新しい日の始まりの気に共鳴しているのだろうなんてステキ~ 先日デニムの着物を高校生の男の子に提案してみよう…

面白いじゃないか!

朝日の山吹ちゃんバナナの皮がなぜ滑るのかそれを解明した馬渕清資博士は実は人工関節の研究者人工関節の滑りに応用できないかとバナナを研究したという 東京大学の研究チームはムール貝から水中での接着力が既成のものより2倍も強力な接着剤を開発したこれ…

太陽の子孫ならば

5月の花と5月の空~フジのお花が咲き桐のお花が咲き始めたそしてつつじが色とりどりに咲いている深緑のグラデーションも見事だあ~いい季節になった! “Anything one man can imagine,other men can make real.”「人が想像できることは必ず人が実現できる」…

試してみて!

夜明けのビームThe Rules of Lifeという本で「毎日少しだけ勇気のいることをする」という言葉があった理由は「人生が停滞するから」なるほど~さらに人にはだれでも「快適空間」があってその中にいれば安心だがその「快適空間」に執着すればその空間がどんど…

自分を超え続ける

曇りの予報で会えたお太陽さま!冬季オリンピックで活躍した日本の選手のほとんどがすでに次の大会に向かっている彼らのゴールはメダルではないようだかつてメダルをゴールにしていて燃え尽き症候群になったオリンピアンのことが話題になったことがあるしか…

恵みに感謝

ハムスター3段重ね~おっとハムちゃん上の方にもっといるかも早く春にならないかな~長く延びた日に期待を寄せていたが久々に降った雪に「きれいだな~」と思わず声が出る地球温暖化で雪の降り方も極端だだがこの雪が降らなくなると困ったことになる大量の…

未来を切り開く

日の出~テレビでNext meatsの商品が紹介されていた食感も味もなかなかだと試食したコメンテーターが言っていたちょっと長いがこの会社の紹介序文が素晴らしいのでちょっと読んでほしい ***VALUES全ては地球のために 地球を終わらせないはじめに思いがあ…

ただありがとう

旅立ちの夕焼けちゃん夕焼けちゃんの上の方に小望月が隠れている満月の1日前のお月さまありがとう夜ずっとずっと見守ってくださって少しずつふくらみながら優しい光をありがとう天からお預かりした大事な子を昼はお太陽さまが見守ってくださったあたたかくあ…

No谷元年!

雪とヤドリギちゃんとお太陽さま新年早々縁起のいい組み合わせ!新年の願掛けにふさわしいこの手の届くところに繁茂してるヤドリギちゃんの下をくぐりヤドリギちゃんに触れ願をかけた「どんなことをしても動物さんたちを救ってください!」「なにがなんでも…

まだまだぁ!

虹!虹!虹!今日3回虹を見ただいたい朝起きた瞬間すごいことが起こる日は違うお太陽さまが枕元まで迎えに来ていて目を開く前から自分は笑っている 今日圧巻だったのは3回目の虹私の運転と共に縦の虹が移動して大好きな山Good job mountainと重なったあ~あ…

小さな命に近づく

初雪に咲くプリムラちゃん普通プリムラちゃんの開花は12月~4月ここら辺りだと5月6月にずれ込むこの11月の初雪に咲いちゃった子は早咲きなのか遅咲きなのか こういう小さな命が懸命に生きているのを見るとう~んとついうなってしまう昨日の夜中にはバリバリ…

あどけなく咲いて油断せず

赤ちゃん色のベゴニアベゴニアはブラジル原産だというが現在では原種がオーストラリア大陸以外に分布しているそうだ日本でも西表島から石垣島に分布しているそうだ男性にも人気のベゴニアって?と調べたらレックスベゴニアお花ではなく色々な色や形のドラマ…

Gゼロの羽

綿毛ちゃんの旅立ちブルースターの種が眠りから覚めたまだ青いうちに寒気を避けて摘んでおいた子だなんてロマンチック長い長い綿毛がふんわり立ち上がってこれからの旅にワクワクしているその綿毛を使えば外国の地まで飛べるかもしれない 遠くまで飛んでたま…

おおらかの周波数

ウドと空これはウドの実いつ見ても宇宙チック冬枯れ寸前でも見事に謎めいているこのまま回転して宇宙のかなたに飛んでいきそうだ 調べてみるとウドはウコギ科タラノキ属そうなんだタラノキ属だから天ぷらにすると最高なんだ芽の先端を揚げるんだよタラノメの…

ワクワクを約束する蝶

ヤドリギちゃんと夕焼け秋から空がきれいになる写真に撮りたい雲にもしょっちゅう出会える空気が澄んで色が鮮やかになるとても高い位置にあるヤドリギちゃんがちょっとうらやましい朝日も誰よりも早く見て虹を見つけるのも大得意夕日だって一番最後まで見て…

奇跡の森

苔の森に秋が来た杉苔ちゃんは本当にきれい小さな小さな妖精さんが幸せに暮らす杉苔の木のてっぺんをのしのし歩くアリさんはプロトケラトプスそばを車が走れば震度7の大地震それでも豊かな森はびくともしない森の木々の間からのぞく青い空は妖精さんたちの羽…

めざめよ日の出国

今年もいっぱい実をつけたよ黄水晶のようなきれいな実をいっぱいつけたヤドリギちゃんこの子は外来種のヤドリギ日本の固有種のオレンジの実をつけるヤドリギは今年は実の数が少ないおそらくこの夏の天候のせいだろう 新聞でCOP26の会場で日本の高校生が岸田…

幸せ言葉

低い位置にかかる虹お太陽さまが高い時に出る虹はとても低いところでアーチを描くまるで民家の屋根をかすめるかのようだこの時はパラパラ雨が断続的に降っていたのでもしかしたらな~と期待して運転していたあるところを過ぎてさ~っと視界が開けたとたん拍…

最高の贅沢!

小さなお太陽さまがいっぱい!なんといってもこの季節ステキなのは様々な色の様々な形の菊のお花に出会えることだ特に色々な植物が冬に向かう準備を始めるこのころにぎやかに咲く黄色の菊を見ると心がパッと明るくなる一年の最後を走るアンカーだ 「高貴」と…

お金と価値観と意識

斑入りのウツギちゃんと空紅葉前のタニウツギちゃんきれいな縁取りの葉が雲間のお太陽さまに向かっているタニウツギちゃんは5~6月頃にかわいいピンクのお花をたっぷりと咲かせてくれるケチくさい咲き方じゃないところがこの花木の素晴らしさだ お花の好みも…

風と水と幸運と

紅葉前の木漏れ日もうすぐ全てが色づく気早にドクダミちゃんの葉などは紅葉し始めた少し高い標高までいくと橡(とち)の木も色づき始めた緑の木立からの木漏れ日も今のうちに楽しんでおこう 久々に風水の事を書いてみよう琉球風水というのがある「琉球」がつ…

地球を幸せの「くす玉」に

斑入りの葉のフロックスちゃん自慢のフロックスちゃん花びらが虫さんに食べられているけれどこんなにステキな葉と淡いピンクの組み合わせいいよね~「温和」という花言葉が示すようにお花が花火のように調和しながら開くこの子はまだつぼみが多いけれどフロ…

ウォーターボディに敬意を

せせらぎ「せせらぎ」って浅瀬などの水の流れる音なんだねその流れの事も「細流」って書いて「せせらぎ」って読む名詞にもなるだから「小川のせせらぎ」っていう表現は小川の水の流れのことと小川の水の流れる音という2つの意味に取れるのかな?合ってる?と…

畑で幸せマックス

チョウセンヨメナちゃんにお客様チョウセンヨメナちゃんは「恋の勝利」という花言葉ハチさんの心はがっちり掴んでいるね蜜がおいしんだね~虫さんも含めて色あいがとてもきれいでやっぱり自然て完璧昨日ほったらかし農法のそうめん瓜畑に行った先日までの長…

命の尊厳を生きる

キバナコスモスちゃんキバナコスモスちゃんには花びらがレモン色の子がいるなのでこの子はオレンジコスモスかな~と調べてみたがやはりキバナコスモスちゃんでも英語ではゴールデンコスモス!ちょっとわが意を得たり!これからはゴールデンコスモスちゃんと…

ヤマユリのように

ヤマユリちゃんが咲きました!茎は細くつぼみもちっちゃかったのに開いたらこんなにゴージャス圧巻のヤマユリちゃん聖書では栄華を極めたソロモンでさえこのお花のようには着飾ることができないとある神のおぼえめでたいお花だ 人は「努力」「自力」「勤勉」…